お金を借りることに関する法律も整い、一時期に比べると闇金による被害は減りましたが、今でも闇金自体は残っていますしそれに対する被害もあります。

 

債務者のところに来て脅迫をして金銭を徴収したりすることはなくなりましたし、闇金は法外な金利で貸し付けるものだと言う認識が広がったので好んで闇金を利用する人は少ないですが、もし、闇金にお金を借りて手を切りたいと思う場合は弁護士やNPO団体の力を借りたほうが良いです。

 

闇金に払っている金利は違法な物で払わなくても良いお金が多いですし、一人で立ち向かうとやはり不利な部分も出るので誰か第三者を通して手を切ったほうが安全で確実と言えます。

 

弁護士やNPO団体はその手の闇金の取扱いについての知識も豊富ですし、闇金側が法律違反をして貸している場合、これ以上余分な利息を払わなくても済むようになるので専門知識を持った第三者を通したほうが良いです。

 

闇金と手を切るのは中々難しいと思う人が多いけれど、確かにさくっと切れるわけではないですが債務者ではどうにもならない問題と言うのもあり、この問題はプロを挟んだほうが穏便に終れます。

 

債務者が闇金と直接やり取りするとどうしても下手に出たりお金を借りているという罪悪感から思うようにことが進まない可能性もありますので、本当に手を切りたいのであればまずは、プロに相談し、一人で悩まず誰かの手を借りて解決する方法をオススメします。

 

関連記事:【 家族(兄)がヤミ金から借りてしまいました 】どうすればいい?