1. 金融の融資よりも優れてる!?ファクタリングのメリットとは?

 

(;´д`)トホホ。。。

事業の、運転資金が足りなくなった。。。(泣)

そんな時、ほとんどの人は金融機関の融資を考えるんじゃないでしょうか。

 

しかし、融資に頼る他に、ファクタリングにもメリットが多いのはご存知ですか?

 

ファクタリングというのは、簡単に言うと「商品を販売した事で発生した売掛債権をお金に換えてしまう」というサービスです。

あまり知られていないファクタリングですが、実は以下のようなメリットがあるんです。

 

まずは、資金調達が早く出来る事。

通常、銀行から融資をしてもらう場合は経営状況等などを審査されて、その結果が出るまで何週間も掛かりますよね。

すぐにお金を用意する必要がある場合、銀行の融資は当てにはなりません。

 

しかし、ファクタリングだったら、早いところだと申し込んで数日で資金を得る事が出来ます。

だから、早期に資金を用意しなければいけない、まとまった資金が必要な場合にピッタリなんですね。

 

そして、二つ目のメリットが資金を得るまでのハードルが低い事。

金融機関を利用する場合、保証人や担保を用意しなければいけません。

 

しかし、ファクタリングでは保証人や担保は不要です。

なぜなら、あくまでも自社の売掛債権を売却するだけであって、融資でも借金でもないからです。

 

また、審査が緩いのもメリット。

売掛債権の売買をしてるだけなので、自社に債務超過があっても多少の事は目をつぶってくれます。

 

そして、ファクタリングの最大のメリットがリスクの分散でしょう。

売掛先が倒産してしまったり、中々売掛金を払ってくれなかったら、いつまでたっても資金を回収できませんよね。

 

しかし、売掛債権をファクタリングで売ってしまったら、そんな心配はする必要はありません。

売掛債権を買い取ってもらった時点で、回収するのはファクタリング会社になるからです。

 

だから、回収リスクを大幅に軽減することが出来るんですね。

このように、ファクタリングはメリットがいっぱいなんです。

 

会社の資金繰りに困っているなら、一度ファクタリングを頼ってみてはいかがですか?

2. 資金調達にファクタリングはオススメか?Q&A

会社経営者であっても経営不振で雇っている人達への給料が足りなくなった時は借入で給料を用意する事は珍しく無い事です。

一方で、ファクタリングを利用して給料を始めとした会社に関わる資金を調達する方法も出てきています。

ファクタリングとは自社が持っている売掛債権を他人や専門の会社へ譲渡、譲渡された側は代わりに債権の回収を行うサービスの事を基本的に差します。

 

Q: ファクタリングの特徴はなに?

A: ファクタリングの特徴として売掛金の早期回収が可能な事です。

売掛金が回収できるタイミングは企業によって違う為、商品は先に納入したけど代金入金は遅れるケースはよく見られます。

 

特に代金を回収できないまま相手先が倒産や逃亡されてしまうのは最悪なケースも多く見られます。

ファクタリングの場合だと債権を譲渡した側が債務先に変わって売掛金を立て替えもしてくれるので早期に売掛金を回収する事も出来ます。

 

Q: どんな人にオススメか?

A: ファクタリングは基本的に自社とファクタリング先での取引がメインとなり、外部へ伝える事が殆ど無いです。

先程でも触れた売掛金を早期に回収したい人に加えて、銀行や取引先に知られずに資金調達をしたい人にもオススメです。

 

また、ファクタリングにも審査はありますが基本的に「売掛金の回収できる見込みがあるか」のポイントを重点的にチェックしています。

銀行からの融資に比べると通りやすいので、銀行の融資を断れていて資金確保も難しい状態でもファクタリングでなら資金を確保する事も出来ます。

 

Q: ファクタリングには手数料が発生するのか?

A: ファクタリングにも数%から数十%程ですが、手数料も発生します。

手数料が無料のファクタリング会社は存在しますが、現状はごく少数です。

 

手数料に関しては各会社で違うので安く利用したい際にはチェックが必要です。

事前見積なら無料で承ってくれる会社も多いので、気になるなら見積もりを取った方が良いでしょう。

 

Q: 気をつけたいファクタリングの注意点は?

A: 現金を直ぐに用意して貰えて便利な反面、ファクタリングの注意点もあります。

 

・3社間取引の場合は取引先との承認も必要

ファクタリングは債権者とファクタリング会社の2社での取引に加えて取引先も挟んで3社での取引も出来ます。

回収通知の短縮や手数料が2社取引時に比べて安くなるメリットもありますが、取引先が反対したら成立出来ないです。

そうなった場合は2社で取引する事も出来ますが、3社での取引を検討しているなら取引先にも事前確認が必要です。

 

・ファクタリングにも種類がある

ファクタリングと言っても種類があるので内容次第では現金を用意出来ても早急に用意してもらうのが難しくなる場合があります。

早急に用意してもらいたい場合は一括タイプのファクタリングで可能ですが。

 

一方で、倒産した等で回収が難しくなっても支払ってくれる保証タイプでは用意できても即時とはいかないです。

早急に用意して欲しければ一括を選ぶしかありません。

 

ファクタリングは個人よりも会社経営者向けのサービスなので馴染みが薄いかもしれません。

しかし、会社経営を将来的に考えている人にとっては知っておいて損はないサービスです。

 

融資だけだと断られる可能性もあるので、確実に会社運営の資金が欲しければファクタリングも視野に入れておくのがオススメです。

 

3. 貸金業者とファクタリングの違いを知っておこう!

続いて、ファクタリングによる資金調達と、貸金業者からの融資の違いを知っておきましょう。

 

貸金業者は、あくまでも会社の信用と収益により融資を受けるものであります。

一方のファクタリングは売掛債権という会社資産を第三者に売却譲渡して対価を得るものです。

 

貸金業者からの融資審査の際には、事業内容や企業年数、決算状況などを考慮して審査が行われます。

申し込み条件において2年ないしは3年の営業年数が必要になります。

 

提出書類においても、2期~3期分の決算書や確定申告書が必要になり、企業から1年や2年に満たない会社の場合は融資を受けることは難しいと考えておいてください。

 

一方、ファクタリングは既に存在している売掛債権を買い取ります。

これは、自社の信用ではなく売掛先の信用や経営状況から買取リスクを考慮し、買取可否や掛け目、手数料が判断されます。

 

そのため、自社の事業年数や決算状況が融資審査のように買取査定に大きく影響するといった心配がありません。

 

ただし、例外として規模の大きいファクタリング会社や買取対象の売掛債権が高額となる場合。

これは少なからず自社の信用が影響するケースもあります

 

ファクタリングでは2社間と3社間での取引があります。

2社間の場合は売掛金の債権がファクタリング会社に譲渡されるものの、売掛先からの債権回収を自社で行いファクタリング会社に入金することになります。

そのため、入金が行われないリスクをゼロにできないため、自社の信用さらには経営者の信用が重視され、人間性などが契約手続きの際に判断されることがあります。

 

一方、3社間の場合、売掛先に債権譲渡の承諾を得る必要があるものの、自社は代金を受け取り、取引先からファクタリング会社に入金するといった流れになります。

そのため、入金されないといったリスクが2社間に比べ低く、買取時の掛け目の割合や手数料で大きな差が生じます。

だだし、売掛先での譲渡承諾については、社内稟議などを行うことも多く、短期間での資金調達には向かないものになっています。

 

そのほかにも、ファクタリング会社にはそれぞれ得意不得意の分野があります。

建設業や運送業、医療関連など、それぞれ得意とする債権を依頼前に確認しておきましょう。

 

また、最低買取金額や上限金額、債権譲渡登記に必要な費用などにも注意しておいてください。

 

特に個人事業主の方で、少額の売掛債権が複数社に発生している場合です。

このケースでは2社間ファクタリングには注意が必要です。

 

債権譲渡登記に必要な費用が入金される金額から相殺されることもあり、実際に希望する金額よりも少なくなってしまうことも多いのです。

これが後々の、トラブルにも発展しています。

 

そのため、2社間ファクタリングの際には「買取手数料に債権譲渡登記が含まれているかどうか

これを必ず確認しておいてください。

 

この条件を満たしたファクタリング会社を選ぶことがポイントになります。

 

4. ファクタリングを利用する際に注意すること

一口にファクタリングといっても、2種類のタイプがあることを知っておきましょう。

 

買取型ファクタリング」と「保証型ファクタリング」になります。

 

買取型とは、まだ回収されていない売掛金をファクタリングのサービス提供会社に買い取ってもらうことです。

たとえば、すでに振り出されている支払期日前の約束手形を手数料を差し引いた価格で買い取ってもらうことができます。

 

一方、保証型ファクタリングとは未回収の売掛金に保険をかけて、倒産時などの貸し倒れの金銭的なリスクを回避する方法です。

売掛金に保険をかける」とイメージすると分かりやすいと思います。

どちらのファクタリングであっても利用することによって、企業の大きな課題である売掛金の回収を解決する手段やリスク軽減の手段となり得ます。

 

買取型ファクトリングを利用する際に注意しなければならないのは、回収されていない売掛金を支払うべき企業との間に「債権譲渡の禁止条項が記載されていないかどうか」を確認しておいてください。

 

もし契約書に債権譲渡の禁止条項があった場合は、残念ながら買取型ファクトリングを利用することはできません。

また、ファクタリングを利用する場合には相手先企業との関係なども考慮すべきでしょう。

 

保証型ファクタリングを利用する際に注意しなければならないのは、保険的な要素がありますから、売掛金は金融事故によって初めて現金化される類のモノです。

 

売掛金に対する倒産などの金融事故が起こらなければ、回収されていない売掛金はそのまま平常運転です。

保証型は、売掛金の早期回収には一切貢献しないことを覚えておいてください。

5. おすすめのファクタリングサービスはどこ?

ファクタリングは「売掛金の返済能力」に論点をおきます。

自分の取引先が信用されるかどうかなので、銀行とは違って審査基準が先方にあるという点で、ハードルが下がるところが楽です。

 

現金化までの手順が速いのが利点ですね。

また、問い合わせの際には、平日の夜の7時頃まで対応してくれるところが多いです。

 

ファクタリング会社の皮を被った闇業者が摘発された事例も記事で見たことがあります。

「ファクタリング 優良業者」とか、「ファクタリング会社 口コミ」で検索し、ちまたの評判の良い会社を選択しましょう。

 

面倒くさがって適当に決めてしまうと、後々後悔する可能性もありますので、時間をかけて精査しましょう。
2019年度の時点で人気あるファクタリング会社は、「 セレス 」、「 トップ・マネジメント 」、「 ビートレーディング 」、これら3社の名前が候補に挙がってきます。

 

 

個人的に信頼している会社は、運営者・代表者・所在地がしっかり明記されている「 (株)セレス運営の資金調達プロ 」です。

これらの実績のあるメジャーな会社から選べば、ほぼ間違いないでしょう。

 

車の一括査定サイトのように、無料診断で複数ピックアップ可能なサイトもあります。

 

電話での対応の仕方も優良かどうかを見極める基準になるので、いきなり申し込みではなく、電話でいろいろ聞いて質問しまくるのもアリだと思います。

 

素早い資金調達にはもってこいのファクタリングは、興味を持てば、一度は経験しておいても良いでしょう。

きちんとしたところを通しての利用であれば、けして怖くはないサービスです。

 

社名: 株式会社セレス

住所: 東京都世田谷区用賀四丁目10番1号世田谷ビジネススクエア タワー

 

セレス運営の資金調達プロ公式ページ