消費者金融に頼らず緊急で10万円を用意する方法とは?

こんにちは。

今回は、大手金融に頼らずに10万円を用立てするにはどうすればいいか?いくつかの有効な知恵をまとめてご紹介します。

 

最初に、カードローンで受ける融資は、無担保融資と呼ばれますね。

その言葉の通り、何の担保も無くその人の信用だけでお金を貸してくれる訳です。

ですが、もちろんそれには限度があり、各社とも審査でその人に貸せる上限として限度額を設定しています。

 

どの会社のカードローンもその限度額に達してしまい、もう大手の消費者金融からは借りられなくなってしまった場合、金策として他の手段を考えないといけません。

 

まず思い付くのは、大手以外の中堅や、小規模で営業を行っている消費者金融を利用することです。

大手では借りられなくなってしまった状態でも、そのような業者であれば、まだ融資を受けられる可能性があります。

 

ですが、消費者金融には総量規制という決まりがあり、各社を合計して年収の1/3を超える借入れは行えません

よって、この手段はまだ総量規制に達していない場合だけに限られます。

 

また、消費者金融ではなく、銀行のカードローンを考えるかも知れませんが、正直なところ、大手の消費者金融でそれ以上借入れが行えない状態で審査に通る銀行のカードローンはありません。

銀行のカードローンは消費者金融よりシビアに審査される為です。

 

ではどうしたらいいのか?と言うと、クレジットカードを所持している場合、そのキャッシング枠を利用するという手があります。クレジットカードには総枠とその中にキャッシング枠があり、キャッシング枠の分は現金の借入れに利用することができます。

このキャッシング枠は必ず付いているものでもありませんが、付いている場合は10万円であればすぐにATMから借りることができるでしょう。

 

クレジットカードも所持していない場合は、質入(しちいれ)を行う手があります。この質入とは質屋で担保となる品物を預けて、その価値の分までの借入れが行えるシステムです。

無担保融資とは違って担保を預ける為、特に審査を受けることもなく、その場ですぐに借入れが行えます。

 

質入で10万円の融資を受けるには、それなりの価値のある品物が必要です。ブランド物の時計など、最低でもその金額で売却できると思われる品物を所持していない場合にはこの手は使えません。

最近では貴金属の価値が上がっているので、金やプラチナなどを使用したアクセサリーなどを持っている場合、それらをできるだけ持ち込んでみましょう。また、世間的に有名なブランド物のバックなどでも大丈夫です。

 

質入では1ヶ月単位で、金利を支払って借入れ期間を延長するとか、金利を含めて完済をするかの選択となります。

どちらも行わない場合は預けた品物は質流れとなり、返ってくることは無くなりますが、借りたお金も返す必要が無くなります。

 

要は結果的に売却となってしまった訳ですが、できれば手放したくない品物の場合は金策の為に売ってしまうより、取り戻せる可能性のあるこの質入を考えてみてもいいでしょう。

今すぐにお金が必要なら持っているものを利用しよう

今月の家賃を支払えない、携帯電話の支払い請求が届いたなど、いますぐにどうしてもお金が必要なことがあると思います。給料日まであと少し、こんなときにはどうしたらいいのでしょうか。

 

物があるならそれを売ってお金を手に入れる方法があります。

オークションで販売すれば高額な落札価格がつく可能性がありますが、今日お金が必要というときには向いていない方法ですね。

 

その点、リサイクルショップで売れば今日すぐにお金を得ることができるわけです。

 

実は、リサイクルショップにも得意、不得意があります。

 

ブランド品ならブランド品を専門に扱っている店、着物なら着物を専門に扱っている店といったように、専門店に持ち込みをすると高額で買い取りをしてくれる可能性が高まるんです。

品物をきれいにしておいたり、ブランド品なら鑑定書があると更に買取金額が高くなりますね。

 

また、お金に変えられるものがあるけれど品物を手放したくないというときは、質屋を利用するとよいでしょう。

 

質屋では品物(質草)を担保として現金を貸してくれます。質草として入れられる代表的なのものには、アクセサリー、ブランド品、パソコンなど高額な家電製品などがあります。

質屋の得意分野

・アクセサリー

・ブランド品

・パソコン

質草として持ち込んだものは査定されて現金を受け取り、3か月以内に貸付金と利息の返済をすれば品物を受け取ることができます。

 

質屋のメリットは即日融資される、返済不能でも提督されることがない、信用情報に影響がないことです。

しかし、利息が高く年利109%(1日0.3%)、貸付期間が3か月と短い、返済不能の場合は質草を失うなどのデメリットも存在します。

今すぐ10万円が必要!緊急時に頼りになる7つの金策

どうしても緊急に今すぐ手元に10万円が必要になった場合にどうしたらよいでしょうか?

キャッシングも既に利用があるから…とキャッシングに頼れない場合はどうすることができるでしょうか?

今回は、そんな緊急時に活用したい7つの金策をご紹介します。

1.おまとめローン

他社の利用がある。そんなときに使えるのが「おまとめローン」です。

銀行系のカードローンで即日の融資をうたっているところであれば、他社をまとめる目的を伝えて大口のフリーローンを組めれば利用枠が空く可能性があります。

2.質屋

ブランド物があればそれを売りに出す方法もあります。

かなり高価な品であったり、純金のアクセサリー等があれば10万円も夢ではありません。

3.クレジットカードのショッピング枠を使う

金融機関とは違い、利用可能残高のあるクレジットカードのショッピング枠を使い指定の商品をネットショッピングで購入してその分の金額を振り込んでもらえます。

本人確認は必要になりますが、写メ等を使えて、金融機関のような審査も一切ないのでかなり短時間で手続きできます。

しかし、悪質な業者もありますので注意が必要になります。

4.定期解約

どうしても必要になったのであれば、積み立てしていた定期を崩すのも手です。
現在がなければ未来もありません!

5.身内に借りる

最悪身内が仲良ければ、相談しましょう。

そのかわり頻繁に繰り返すことは絶対に止めましょう。

尚、友達や知り合いに頼むくらいなら、身内がいいです。

6.大掃除をする

意外に前によく使っていた鞄やコートにお金が入っていたりします。

へそくりを忘れていたり、隠れ通帳をみつけたらラッキーですね。

他に手段がない!!スマホアプリで現金を作ろう

どうしてもお金が必要だけれども、銀行には頼れない!そんなあなたにとっておきの情報を紹介します。

それが、スマホアプリ(ポイントサイト)で稼ぐ方法です。

 

まだ試したことのない人用にざっと説明しますが、指定のアプリや指定条件クリアでポイントがたまり、それを現金に換金できるというサイトです。

有名なのはポイントタウン(運営GMO)やモッピー(運営セレス)などです。

また、指定アプリのダウンロードのポイント数はだいたい決まっていますがすぐに大金が確保できるというものではありません。

 

そこで、短時間に大金を確保するためには口座開設がとても有効です。

一回で1万円以上相当のポイントが稼げるタスクはざらにありますし、中には3万円相当分のポイントが確保できる内容もあります。

 

今日中には難しいですが10万円必要ということであれば、口座をいくらか開設すれば稼げると思います。

また、口座開設はあまりしたくないという人は有料会員の案件に登録するという手もあります。

有料会員といっても、登録用に用意されているのは一定の無料期間が付随してくるものなので、振り込みが発生する前に解約してしまえば月ごとの料金を払わずともまとまったお金が手に入ります。

 

口座開設は、そんなに大量の案件があるというわけではないのですが、有料会員登録は数多くの案件が揃っているので出来そうなものを好きなだけ選択することが出来ます。

また、口座開設や有料会員登録の他にも、指定の業務用アプリをインストールすることで大量のポイントが手に入ることもあるのでぜひおすすめします。

ご参考までに。

 

クレジット現金化でキャッシュバックを受けるのが一番早い!

大手キャッシング会社以外で女性が安全に10万円を借金する方法は、手持ちのクレジットカードで現金化サービス業者から物品を購入し、商品価値分の価格のキャッシュバックを受けるのが一番早道と言えます。

 

いわゆるクレジットカードの現金化サービスですが、利用する最大メリットは何と言っても融資審査を改めて受けずに口座振込で迅速に入金を受けられる事です。

 

クレジットの現金化はある意味、無審査キャッシングと言っても過言ではないので、取引したからと言って金融機関が共有する信用情報の履歴に傷が付きにくいのも利点です。

 

ちなみにクレジットカードの支払いに滞納がなく利用停止中でなければ、現金化サービスの会社が幾つか用意した商品リストから好きな雑貨や化粧品を選んでカード決済するだけで、誰でも即日でお金を用立てる事ができます。

 

10万円を借りるに高いランクの物品を選ぶ必要がありますが、ポイントとしては還元率が9割と安定して高い現金業者となるべく取引し、土日でも迅速な振込業務を実施して信頼を寄せられる会社を選ぶ必要があります。

 

尚、現金化業者で購入した10万円の商品代の請求書はクレジットカード会社から後日書面で送付される事になりますが、翌月に一括での支払いが困難な場合は元金固定のリボルビング払いに変更したり、ボーナスで臨時返済する事もできます。

 

ただクレジットカードも大手キャッシング業者と同様の利率が適用されますから、なるべく早い時期に返済を終えて出費の負担を抑えてあげるのが賢明な活用の仕方です。